花粉症の対策

花粉症の対策

花粉症のように発症時期が特定できる場合は、症状が出る前に「初期療法」を行うことで、花粉症のピークを迎える時期に症状を軽減させる効果が得られます。毎年のように花粉症で辛い思いをしている方は、医師に初期療法について相談してみることも選択肢のひとつです。

また、花粉症のようにアレルギーの原因物質が特定できる場合は、できるだけアレルゲンに接触しないようにすることが有効です。しかし、喉や鼻はマスクで覆うことができますが、目は花粉の侵入を防ぐとこはできません。花粉症の時期は、毎年のように辛い思いをしている光景を目にします。花粉症の予防として日頃からできる対策を紹介しますので、参考にしてください。

 

<花粉症の予防対策>

・外出時は、メガネ、マスク、帽子を着用する。

・帰宅時や室内に入る時は、衣服や髪についた花粉を払い落とす。

・うがい、手洗い、洗顔を習慣づける。

・洗濯物や布団を干した時は、取り込む際に花粉を払い落とす。

・ニュースなどの花粉飛散情報をチェックする。

・花粉の飛散量が多い日は外出を控える。

・コンタクトレンズ利用者は、花粉の飛散時期だけでも1Dayタイプに切り替える。

・自分が持つアレルギーを知るために、アレルギー検査を受ける。

・ピーク時の症状を軽減させるために初期療法を受ける。

・選択をする際は柔軟剤を使用して静電気の発生を抑える。

 

<花粉症対策の注意点>

目に入った花粉を洗い流すために、市販の洗眼剤を使用することがありますが、市販の洗眼剤には界面活性剤や防腐剤が含まれているため、涙の層も一緒に洗い流してしまいます。涙は目を保護する重要な役割を果たしていますので、逆効果になることがあります。

目の汚れを洗い流す時は、人口涙液や生理食塩水を使うと安心です。


Comments are closed.