花粉症について

花粉症について

花粉症は、植物の花粉が原因となってアレルギー症状を引き起こします。花粉症の原因として最も有名な植物としては「スギ」や「ヒノキ」などがありますが、日本では花粉症の原因となる植物は約60種類あると言われています。

花粉症は、花粉が飛散する時期にだけ症状が現れますが、植物によって花粉の飛散時期は異なります。日本国内では、春先から初夏にかけて飛散するスギ花粉が大きく取り上げられていますが、植物の種類によっては夏から秋にかけても花粉が飛散します。

花粉症は、特定の植物の花粉に対してアレルギー反応が起こることで発症しますので、1年を通じて花粉症を発症する可能性があります。

※関東地方の植物別花粉の飛散時期
関東地方の植物別花粉の飛散時期

占めているのがスギになるため、スギ花粉が花粉症の第1位にランクされるのは不思議なことではありません。スギは、花粉の受粉方法が風によって花粉を運ばせる風媒花であるため、花粉が非常に軽く、より多くの花粉を広範囲に飛散できる特徴があります。また、樹高も50mにまで成長しますので、より遠くへ花粉を飛ばすことができるのです。


Comments are closed.