黄砂とPM2.5に注意

黄砂とPM2.5に注意

最近、花粉症の季節と重なってやってくる黄砂やPM2.5が注目されています。

黄砂やPM2.5による健康被害はニュースなどでも取り上げられていますが、目に対しても悪い影響を与えます。日本にも中国大陸から多く飛来してくるため、天気予報でも黄砂やPM2.5の飛来情報が配信されています。近年、中国の大気汚染が深刻化していますが、黄砂やPM2.5にも大気汚染による有害物質が含まれており、目の病気に関しても増加傾向にあります。

 

〇PM2.5

PM2.5は、工場から排出される煙や自動車の排気ガスなどに含まれる微粒子のことで、その多くは中国大陸から飛来する大気汚染物質です。硫酸塩、硝酸塩、有機化合物などの有害物質が多く含まれており、その粒子の大きさが2.5マイクロメートル以下と非常に小さいことからPM2.5と呼ばれています。日本にも、ちょうど花粉の時期と重なる春から初夏にかけて飛来してくるため、呼吸器官への健康被害が心配されています。また、花粉症などのアレルギー症状を更に悪化させるなど、目にも悪い影響を与えます。

 

〇黄砂

黄砂は、中国大陸のゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などから砂塵や鉱物粒子が風によって巻き上げられ、偏西風に流されて日本にも飛来します。黄砂が飛来してくる現象は、自然現象として理解されてきましたが、近年では発生頻度と被害の拡大が指摘され、環境問題として取り上げられています。黄砂を分析した結果からは、本来の土壌にはないと考えられるアンモニウムイオン、硝酸イオン、硫酸イオンなどの有害物質が検出され、日本への飛来途中で中国の大気汚染の影響を受けていると考えられます。韓国や台湾では、すでに黄砂による健康被害として、呼吸器疾患、循環器疾患、アレルギー疾患などが報告されています。日本国内でも、気管支炎や肺炎などの発症、花粉症やアレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の悪化が心配されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です